渋滞

2014-06-30

連休ってほんとうに道が混む・・・
不倫相手と一泊で旅行にいこうとしているのに
車が渋滞で、一向にうごきませんでした。
「ねえ、迂回ってないの?」
「この先・・かな。もう少しいったら迂回路があるんだけど
そこまで行くのにかなり時間はかかるなあ・・・」
前をみれば、そうとうな時間がかかるのはわかりました。
アシュレイ・マディソンで何もすることがなくイライラしている私に
彼がいいました。
「なあ、こんだけ混んでるし動きもしないからさ
ちょっといじって。」
「は?なに?」
「だからチンチンいじってよ、眠くなってきたし
眠気覚ましにさ。」
バカなことを言い出した彼。
ヒマなことが私をそういう気持ちにさせていました。
「隣からみえないかな。」
「だいじょうぶ。」
そっと不倫中の彼の下半身に手をあてると、半立ちしている状態でした。
「もう、勃起してるじゃん。」
「おう、いつでも入れられる状態にしてくれ。」
手でこすっている間にも、完全に勃起しているおチンチン・・
「ほしくなったらどうすんの?」
「入れたければ上に乗れよ。」
そんなことを、言われてもそうできないことは
わかっているのん、アシュレイ・マディソンしてる私の手は動きをとめることなく
いじり続けました。
そして、自分の陰部も同時にいじり、先にイってしまいました。

Copyright(c) 2010 アシュレイ・マディソンより出会える不倫サイト~himeji-tv~ All Rights Reserved.